時間の使い方
HOME>時間の使い方

時間の使い方


時間の使い方

毎日の時間には仕事の時間や睡眠時間などがあります。同じ時間だったとしても中身が濃いと能率が上がったり、より良い効果が得られたりするんですよね。勉強時間や睡眠時間など、生活ごとにどんな効率良い過ごし方があるのか気になりますよね。効率良く過ごすためにはメリハリが大切になってきます。


上手な時間の使い方とは

時間の使い方は人それぞれです。きちっきちっと予定を立てなければ気の済まない人もいますし、予定を立てるのが嫌いな人もいます。大切なのは、休むときは休み、動くときは動いてメリハリをつけることだと思います。体調が悪いのに仕事をしたからといって、効率良いはずがありません。それに効率だけではなく、そのときをいやな気分で過ごすことにもなります。気持ちに余裕が持てる、体調の変化にもあわてることがない予定なら、無理なくこなせるのではないでしょうか。

生体リズムについて

人間には、朝起きて夜眠るという生体リズムというものがあります。睡眠が大きな役割を持っているのですが、1日のうちで最も集中できる時間帯や、痩せやすい時間帯なんていうのがあります。こうした体のリズムに従って行動するのも効率アップするコツなんですね。ぜひ1度、自分の体の声に耳を傾けてみてください。

ある1日のタイムテーブル

余裕のない1日

午前7時起床:とっても眠い。

午前8時:電車で通勤。混んでいて座れず、何もできない。

午前9時出社:ついたらぎりぎりで、へとへとの状態。仕事は何から手をつけたら良いか解らない。

正午お昼休み:ご飯を食べたらあっという間。

午後6時終業時刻:仕事が終わらないので、残業する。

午後8時退社:つきあいで寄り道。

午前1時:終電がないので、タクシーで帰宅。家族は寝ている。

午前2時:就寝。

…繰り返し。

やりくりをすると

午前5時起床:今日1日の予定を確認。

午前7時:電車で通勤。すいているので、座って勉強。

午前8時出社:誰もいないので、仕事がはかどる。

正午お昼休み:外に出たり、昼寝をして気分転換。

午後6時終業時刻:15分前に明日の準備、報告をして退社。

午後7時帰宅:家族と会話したり、のんびりしたり。

午後10時就寝。

…自分の時間が持てた♪


こんなことを紹介します!

ここでは食事や睡眠のような毎日に欠かせない時間と、仕事や通勤のように拘束される時間の使い方を紹介します。

食事時間の使い方

食事の時間はつい短くしてしまいがちです。けれど、食事はコミュニケーションをとったり、栄養を効率良く摂るためには大切な時間なんですね。また、料理の時間についても説明します。

勉強時間の使い方

勉強は、いくら時間を使っても身につかないときもありますし、短時間で身につくこともあります。できることなら短い時間で効率よく勉強したいですよね。どういった時間に勉強すれば良いのかも紹介します。

通勤時間の使い方

通勤中の時間って何となくもったいないと思いませんか?混雑していると何もできない感じがします。けれどちょっとした工夫で、この時間にできることもいろいろあるんですよ。

勤務時間の使い方

仕事の能率を上げるにはどうしたら良いのでしょうか。また、どうしても体調がすぐれない、いまいちのときの仕事の仕方も紹介します。

入浴時間の使い方

お風呂場は、自分だけの空間になります。入浴中の時間はどのように使ったら良いのでしょうか。体調に合わせた入り方や使い方のアイディアも紹介します。

睡眠時間の使い方

充分だと感じる睡眠時間は人それぞれです。睡眠時間によって、1日が決まるといっても良いくらいです。なかなか睡眠時間が得られない人のための工夫も紹介します。

休日の過ごし方

休日くらい自由に使いたい、と思いますよね。好きなことをやるための時間として、平日元気に過ごすための準備期間として、休日の過ごし方を紹介します。

▲ページトップに戻る

時間の門