短い時間でできること
HOME>短い時間で何ができるか?


短い時間で何ができるか?

短い時間で何ができるか?

忙しい毎日の中からちょっとだけ時間を作って実行することで、毎日が楽しくなったり気持ちにゆとりが生まれるとしたら、試してみたくなりませんか?短いといわれる時間でも、過ごし方によっては長く感じたり、充実していると感じることもあります。


時間をつくること

時間をつくるのってそんなに難しいことではありません。大切な用事がいくつかあったとして、「今日はこれ、次の日はこれ」と順番に実行するだけでも確実に用事は片付きます。あとは習慣になれば良いのですが、毎日同じでは楽しくなくなってしまいますし、次で紹介することを全て試す必要はありません。ちょっと手の空いた時間を隙間時間といいます。

時間をつくるポイント

  • 1日の中で何にどのくらい時間を使っているかを知る
  • あらかじめどんなことができるかを知る
  • どんなことがしたいかをイメージしながら行動する
  • 適度なごほうびを与えるなど、楽しみながら実行する

ある朝の過ごし方

余裕がないとき

午前8時30分起床:とっても眠い。ぼーっとする時間はあるけど、ご飯を食べる時間はない。
テレビを見る時間も当然ない。

午前8時45分通勤:自動車で通う。お弁当を作る時間はないので、コンビニに寄る。
(10分くらいのロス)

午前9時出社:始業時間ぎりぎりについた。こっそり何かをつまんで乗り切る。

やりくりをすると

午前6時起床:通勤の8時30分に時計をセットし、それまでご飯を食べたり身支度をする。お弁当は、昨晩下ごしらえをしたので簡単。時間が空いたときは勉強をしているので、今度の試験も何とか。

午前8時30分通勤:自動車で通う。ラジオで情報収集。夏になったら自転車通勤をする予定。

午前8時45分出社:少し余裕があるので、1日の予定を確認することができた♪

こんなことを紹介します!

5分でできること

なかなか手をつけられないでいることも5分間だけならやってみようかな、という気になります。5分間だけ自分の気持ちを大切にする時間を持つだけで、気合いを入れなくても何とかなったりします。5分間という時間について触れながら、実行できることを紹介します。

10分でできること

30分でできることを短縮したものとして、よく10分間エステなど耳にします。何をするにも最低限欲しい時間という感じがしますね。時間は短いけれど、充実した1日を過ごしたい人におすすめです。

15分でできること

30分の半分のこの時間は、とても管理しやすい数字です。時計をみれば4分の1周です。15分で実行できることを集めてみました。

30分でできること

30分という時間は、なかなか作りにくいと感じるかもしれません。けれど、時間をつくるということに慣れてしまうと何でもなくなります。自分の生活を見直すきっかけを与えてくれるのも、30分という時間かもしれません。

▲ページトップに戻る

時間の門