携帯の時間管理
HOME時間を管理する>携帯の時間管理
携帯の時間管理



携帯の時間管理

携帯電話は小型で軽くて持ち運びがしやすく、腕時計に負けない便利さです。電話機能やメール機能など1台でたくさんの役割を持つ携帯電話は、どこまで活用できるのでしょうか。最近では、腕時計に変わって使われるようになったのが、携帯電話です。


携帯の便利な機能

時間管理に使えそうな機能を順に挙げてみました。あまりスケジュール管理に使わないように見える機能でも、誰かと情報を共有するといったときに使うこともあるかもしれません。

通話機能…待ち合わせをするとき・遅刻しそうなとき・報告や連絡が必要なときなど

アラーム機能…時間を計るとき

カレンダー機能…予定をその場で記録したいとき

時計機能…時刻を知りたいとき

カメラ機能…ビジュアルで情報を残したいとき・文字にするには時間がかかるとき

メール機能…パソコンでデータを使いたいときに転送したり、誰かにデータを送るとき

携帯電話はこんなに便利!

最近の携帯電話は、通話機能よりも付随する機能のほうに注目が集まっています。けれど、よくよく見直してみると時間管理をする上では、通話機能や時計機能などが大切なことに気がつきます。

目覚まし時計として

携帯のアラームで目覚まし時計の代わりとして使っている人は少なくありません。目覚まし時計よりやわらかな音ですし、その日何時にアラームを鳴らすか設定できるので便利です。最近ではモーニングコール支援サービスもあるので、生身の人の声に起こされると起きようかな、という気になるかもしれません。またアラーム機能は、待ち合わせの時間や隙間時間の活用など、いろんな場面で使えますよね。

腕時計の代わりとして

携帯電話は持ち歩くことができるので、腕時計と携帯電話を両方持つ必要はないと感じるかもしれません。携帯電話には自動補正機能がついていることもあるので、時間を合わせたことがない人も多いでしょう。

手帳の代わりとして

カレンダー機能を使って、予定を管理することができます。アドレス機能もあるので、たくさんの人のアドレスを入れてそのまま電話をかけることもできます。本屋さんやスーパーで見たものを覚えておきたいときに、メモ機能を使ってメモをしたり写真に収めることで時間短縮にもなります。書き込んだ情報や予定はパソコンにつないでパソコンで管理することもできます。

携帯電話を使った時間管理

携帯電話単独で時間管理をする人もいれば、他のツールと併用している人もいます。どちらにしても携帯電話を使うのであれば、その特徴をしっかり活かして時間管理したいものですね。

携帯電話を選ぶ基準

  • 通話が切れにくい
  • パケット代を消費しない
  • 登録件数が多い
  • スケジュールの機能が便利

…などなど。

待ち合わせに使う

昔は電話で何時にどこで待ち合わせをしよう、と決めて出かけたものでした。しかし、携帯電話があることで、何時にどこでと決めなくても「今、どこにいるの?」「今からそっちに向かうよ」と相手の居場所に向かうことができるのです。気心の知れた相手には使える時間短縮法ですよね。

ほかのツールと使い分け

携帯はその場でメモをしやすい、画像として残しやすいなどの利点があります。不便な点としては入力しても保存ボタンを押さないと消えてしまう、充電しなければならないということでしょうか。手帳にメモを残してごちゃごちゃになってしまうとか、パソコンは携帯しにくいので不便という人は携帯に1度メモを残して、家や会社で予定を整理するという方法もあります。必要なことだけを拾って記入していくのであれば、同じことを2度書くこともありませんし、マメな人に向いている方法といえます。

▲ページトップに戻る

時間の門