HOME




時間

時間はみなさんが知っている通り、1日24時間ですし1週間は7日です。どの生き物にもどの人にも平等に与えられている時間です。この時間は1人1人によって過ごし方が違うのですが、上手な使い方を知っていたらもっといろんなことができますよね。時間を有効に活用することで、有意義にすごしてもらいたいと思っています。

時間の単位

時間というものがどんなものなのか、単位について集めてみました。

1秒1秒とは1分を60分割した単位です。

1分:1分とは1日を60分割した単位です。

1時間:1時間とは1日を24分割した単位です。

1日:1日とは地球が自転し、1周したときの単位です。

1週間:地球の周りを太陽・月・火星といった7つの天体がまわっていることからできた単位です。

1ヶ月:1年を12分割した単位です。1ヶ月は28〜31日になっています。

1年:1年とは地球が太陽の周りを1周する単位です。

うるう年:1年は正確には365日を0.242日なので、4年で約1日分ずれてしまいます。そのため4年に1度、2月は1日多く2月29日を作って調節しています。

時間に関するデータ

全ての人に与えられている時間ですが、時代とともに変化していることもあります。また、国や地域によっても過ごし方が違うんですよね。

労働時間

日本人の平均労働時間は1842時間だそうです。これは世界6位にあたり、年々減少傾向にあります。景気の影響や働き方の多様化もありますが、業種によって違ったり残業の時間も違ったりします。働き蜂と呼ばれていた日本人ですが、年々減少傾向にあります。

睡眠時間

日本人の睡眠時間は平均で7時間23分なのだそうです。睡眠は脳をやすませて、次の日元気に活動できるように心身の調節をしてくれています。忙しくて眠れない、眠りが浅くなったという悩みを持つ人も少なくありません。

24時間社会

最近は夜遅くまで本屋さんやレストラン、温泉などいろんなお店や施設が営業しています。便利にはなったのですが、夜遅くまで外を出歩く・夜食をとる・夜遅く寝て朝遅く起きるのが当たり前になってきているように思えます。時間がない人のためなのかもしれませんが、いくら遅くまで起きていても足りない人はいつまでも時間が足りないんですよね。

時差

海外旅行をしていると、時差によって生活のリズムが狂うことがあります。イタリアやフランスは−8時間、ニューヨークで−14時間の時差があります。サマータイムといって夏に1時間早くずらしている国もあります。ヨーロッパ方面なら起きたり眠ったりする時間を遅くし、アメリカ方面なら早くすると予防できます。

時間があったらしたいこと

「もっと時間があったらいいな」とはいうものの、ではどのくらい時間が足りないのかということを考えてみたいと思います。

■睡眠をとる、のんびりする→仮眠を取るなら30分くらい?

■映画や読書にふける→1本の映画で2時間くらい?

■趣味やスポーツ、旅行などをする
毎日こつこつ続けるかのか?旅行なら何日なのか?

■勉強や仕事で良い成果を出す
毎日30分でもいいから集中したい?

…こうした時間を捻出するには、どうしたら良いのでしょうか。

時間がない理由

「時間がない」というのを口癖にしている人がいます。どうしてもやらなければならないことがあるのに、違うことをしていたということがよくあります。また、ほんの少しの時間実行すれば良いのに、それができなくて結果になっていないから「時間がない」と感じることもあります。本当は時間があるのに上手く使えていないのかもしれません。時間って本当に大切ですよね。

こんなことを紹介します!

時間を管理する

時間を管理するお役立ちアイテムには手帳・時計・携帯・カレンダーなどがあります。数字に弱くても大丈夫!こうしたよく知られているアイテムを上手に使う方法を紹介します。

時間の使い方

1日にどんなことをしているのか、というと料理をしたり働いたりと毎日同じことを繰り返している行動があると思います。こうした時間をどう使うのかについて説明します。毎日同じ生活だと思っていても、時間の捉え方によって充実した毎日を過ごすことができるんですよ。

短い時間で何ができるか?

予定が少し早く終わったからとか、ちょっと早起きできたからとか、1日の大きな行動の合間にはちょっとした隙間時間があると思います。こうした隙間時間にどんなことができるのかについて考えてみたいと思います。

これでもう「時間がない」なんていわせません!

▲ページトップに戻る

時間の門